引越しを料金だけでは決めるのは、もう古い考え方!一括比較サイトを利用すれば今すぐ簡単に安い見積もりやお得な特典がもらえちゃう!見逃すともったいないですよ!

みんなの新生活の声

MenuBar

みんなの新生活の声

新生活を始めるときに忘れがちなもの。

独り暮らしの経験がなく、結婚を機に初めての引越しをしました。
家電や家具、必要なものを書き出して買い物に行っても、
家に帰ってくると忘れていたものに気付いたり・・・。
私の新生活における、準備していてよかったこと、準備を忘れていたことをまとめました。

>>準備していてよかったこと
・メモ帳、ペン、メジャー
家具を買う時に大きさを測る必要があるので、どこが何センチなのかを把握するため。

・電動ドライバー
安い家具だと自分で組み立ての必要がある為。
手動だと、食器棚やタンスを組み立てるのにすごく大変。

・役所へ提出する書類をインターネットで事前に印刷、記入
平日の昼間に提出に行けるのであれば大丈夫かと思いますが
平日の夕方~夜、土曜日に行こうと思っている場合はすごく待たされます。
出来れば、先に記入しておくほうがいいかと。

>>準備を忘れていたこと
・ガスの種類
ガス代がもともと設置されている部屋であれば問題ないのですが
普通に都市ガスだと思っていたのが、プロパンであったり、
開始の手続きにもだいぶ違いが出てくるので、事前にガスは何が通っているのか確認するのがいいと思います。

私の新生活と引越し話

事情により自宅を売却することになりました。同じ県内ですがアパートを借りることになりました。まずはじめにどこに住むかをネットで調べ2,3候補を絞り不動産屋さんに連絡を取り候補のアパートを内見します。

そして気に入ったところに決めるのですが、賃貸借契約書は細かく書かれていて読むのが面倒ですが、退出時の現状復帰等のことなどは注意しておきましょう。入居時の費用が安い場合は特に注意しておきましょう。

アパートが決まったら引越し屋さんの手配です。こちらも2,3社合見積もりを取るようにしましょう。荷物の量によりますが結構金額の差があります。

私の場合は戸建ての住宅からアパートへの引っ越しだったので処分しなければいけない荷物がかなりの量がありました。粗大ごみの処分は業者を頼みましたがこちらも結構な費用がかかることを覚悟しておいたほうがいいと思います。早めに手配しておいたほうがいいのはインターネットの新規契約か引っ越しです。開通できるまで大体2から3週間はかかりますので、今はインターネットが使えないと厳しいと思いますので引越し先が決まったら早急に手配をしたほうがいいと思います。

それから郵便物が新しい住所に届かないと困るので郵便局に移転の手続きは忘れずに行いましょう。事前にインターネットで手続きができるのでわざわざ郵便局に行かなくてもすみますので手軽にできます。

新生活をスムーズに始めるには準備と予習がとても大切です。

私が新生活で準備していたら良かったなと今思うのは、市役所の場所と公共機関がどこにあるのか住む前に下調べしておくことでした。
今はネットが普及しているので、住み始めてから覚えたらいいや…ネットで探して当日行けばいいやなんて思っていたのですが甘かったです。

時間にゆとりのある方はそのやり方でも大丈夫だとは思うのですが、新生活といえば時間も余裕もなく慌ただしい毎日。
しかも、知らない土地というのはとても広く、とても迷路のように感じます。そして、公共機関は夕方あたりまでしかやっていないことが多いので要注意です。

なので、自分が新しい土地に住むという場合は、必ず家の下見だけでなく、周辺に何があるのかと、行かないだろうとその時は思っていても公共機関は必ずチェックして場所を把握しておくことをオススメします。そうすると、面倒な役所の手続きや買い物に不便せず、時間に余裕を持って行動できると思います。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional