引越しを料金だけでは決めるのは、もう古い考え方!一括比較サイトを利用すれば今すぐ簡単に安い見積もりやお得な特典がもらえちゃう!見逃すともったいないですよ!

他人の引っ越しを手伝った時のエピソード

他人の引っ越しを手伝った時のエピソード

他人の引っ越しを手伝うのは実はけっこう大変なものです。引っ越しする人への気遣いをしながら荷物も丁寧に運ばないといけませんし、引っ越し自体がけっこうつらいものですからね。引っ越し業者に頼むのではなく、自分で引っ越しするというのは、何かと大変です。

どのような引っ越し?

新婚二人の引っ越しを手伝いました。人数は、6人と多かったんですが、男性が3人だったのがちょっと辛さに拍車をかけました。引っ越しはやはり女性よりも男性の方が活躍しますからね。また2階から5階への引っ越しで、引っ越し先は5階にも関わらず、エレベーターが使えないという最悪のケースでした。しかも真夏です。悪魔が仕組んだとしか思えませんでした。

引っ越しの状況

とりあえずびっくりしたのが、引っ越し当日に荷造りが完了していなかった事。家についたらCDや本がちらばっていた時は、少し怒りすら感じました(笑)これは今日中に終わるのか??という一抹の不安を感じました。自分たちで引っ越しする場合、出来る限りの事は自分たちでやっておいた方が時間的にも、作業的にも楽です。
重いものは男性陣が、軽いものを女性陣が運ぶようにしていました。新婚2人ですので、やはりかなり荷物が多く、引っ越し先に着いたのは、5時間後の14時くらいまでかかりました。
そこから真夏の暑い環境で、5階まで階段を使って登らないといけませんでした。ある程度荷物を運ぶことに慣れているメンバーでしたが、かなり危ない作業でした。あの重い洗濯機や冷蔵庫を運ばないといけないんですから。何度も休憩をして、なんとか無事故で終わる事ができました。全て終わったのは21時。クタクタでした。次の日仕事行きたくなかったです・・・・

とにかく辛かったです

真夏の引っ越しはかなり危険ですね。疲れと暑さで頭がボーとします。荷物を運ぶたびに水分補給をしているようなかんじでした。そうじゃないと、脱水症状になって危険ですからね。
ま~一番辛かったのは、お金が出なかった事ですかね(笑)これでお金が出ないのは地獄です。なんのために作業しているのかよくわからなくなってきます。

結局費用は安くなった?

実際にどのくらいかかったのかは聞いていないのでわかりませんが、作業を手伝った人たちにお金が出なかったので、少し安くなった可能性はあります。しかしレンタカーは一日中借りていましたし、ご飯や飲み物はおごってもらったので、ほぼトントンだったでしょう。あれだけの労力使ってほとんど換わらないのはちょっとかなしいですよね。あと、お金には変えられないものを失った可能性はあります。そこは自分たちで引っ越しする人は考えた方がいいですね。

引っ越し業者に頼むのが一番

やっぱり費用面でも労力面でも引越業者に頼む方が断然お得と言えるでしょう。危険も伴うし、物が壊れるリスクを考えると、自分たちで引越しするのは、少し無茶だと言えるでしょう。引越見積もり一括サイトを活用して安い業者に引越しを頼むのが一番かしこい引越と言えるでしょうね。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional