引越しを料金だけでは決めるのは、もう古い考え方!一括比較サイトを利用すれば今すぐ簡単に安い見積もりやお得な特典がもらえちゃう!見逃すともったいないですよ!

引越し料金のコツその2

引越し料金のコツ パート2

引越し料金は下げたいけど、どうやったら下げられるの?そんな疑問を持っている人も多いはず。是非そんなあなたに以下の項目を確認してもらって、できるだけ料金を下げてもらいたいです。

引越し コツ

チャーター便

引越しをする際、荷物が少ない人などは、チャーター便を頼むというやり方があります。ドライバーさんのみ用意してもらって、こちらで搬出をするというやり方です。このやり方は非常に引越し料金を節約する事ができますが、荷物が少ない人しかできなかったり、素人が荷物を搬出するというリスク、また頼む人にもお礼金などを支払うなどを考えるとあまりオススメの引越しとは言えません。上手くやると安くなる方法ですね。

混載便

他の人の荷物と一緒に運ぶ方法です。
こちらは、同じ方面へ運ぶ荷物がないと一緒に運べないという欠点があります。また荷物が届く日程を指定できない事が多い所も難点ですね。しかし、この方法だとだいたい1/4くらい、うまくいくと1/2まで下げる事が可能です。

帰り便

引越しをして戻ってくるトラックに載せてしまおうというという方法です。この方法は安くはなるんですけど、引越しの日や時間は引越し業者から強制的に決められるというデメリットがあります。こちらも全ての人が行える引越しではありませんね。

オプションを含めて料金を考えよう

引越しにはオプション料金がかかることがあります。オプションが付きそうなものは事前に確認して見積もりをしないとトータルで計算したら実はこの業者の方が安いなんて事はよくある事。こちらではオプション料金は取られるけど、こちらでは料金はとられないなんて事はけっこうあります。せっかく安い業者を選定したのに、オプションでいっぱいとられたんじゃ、全く意味ないですよね。先ほど出てきた不要なもの、捨てるものなどは、無料で引き取ってくれる業者と有料の業者があります。ここは要チェックです。

オプションになりそうなものリスト

  • 処分品引取り
  • エアコン
  • ウォシュレット
  • PC、AV機器の接続
  • パラボラアンテナ
  • 食洗機
  • ハンガーBOX
  • ピアノ(調律はもちろん、ピアノの運搬は別料金になる事があります)
  • バイク、車
  • 引越し先、引越し後の掃除
  • ストーブ、床暖
  • 照明器具の設置
  • ペット
  • 骨董品の運送
  • 害虫駆除
  • 盗聴調査
  • 24時間風呂の取付け、取外し
  • 湯沸かし器・給湯器の取付け、取外し
  • 荷物の一時保管
  • その他重量物の引越し

引越し業者

誰もが頼む、しかも大幅に値段が変わってくるのが、引越し業者。
引越し業者を間違えると2倍くらい値段が変わることも普通です。まず重要なのが、複数の業者に見積もりをしてもらう事。これが重要です。1社の見積もりで終わらせると、私の経験だとだいたい2、3割増しになるのが普通です。絶対に一社だけに終わらせないで下さい。今は引越し一括見積もりサイトというのがあります。一括に見積もりして一番どこの業者が適しているかを確認してみましょう。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional