引越しを料金だけでは決めるのは、もう古い考え方!一括比較サイトを利用すれば今すぐ簡単に安い見積もりやお得な特典がもらえちゃう!見逃すともったいないですよ!

関東

あの街この街どんな街

東京都小金井市、駅前開発も進んで住みやすくなってます。

新生活スタートの際準備しておいた方がよかったな、と思う物。
まずは、自転車(その土地にあった交通手段)。
最寄り駅東小金井駅から徒歩15分というマンションに住み始め、スーパーなどはほとんどが駅前。
車もなく、引っ越ししてすぐなので少しの出費も抑えたくて徒歩での往復、、、正直辛かった。
最近、東小金井駅周辺も開発が進み、新しいお店が増え、道も広くなりました。
学生が多い街でもあるので、自転車専用レーンなどもありますし、小金井公園にはサイクリングコースも!
東小金井に住むなら自転車をおすすめします。
次に殺虫剤。
引っ越しして間もない部屋に夏の風物詩の黒い虫が、、、。
後でお隣さんに聞いた話だと、自分の前に住んでいた方はゴミをため込む方だったらしいです。
もちろん入居前に消毒などはしていてくれたんですが、それでも奴らの生命力が勝ったみたいで、しばらくは悩まされました。
元々緑が多い場所ですし、それだけ虫が多いんだと思います。
そして、一番大切なのは、ご近所さんへのご挨拶の粗品。
自分はネットなどで検索した結果、好印象だという入浴剤のセットを持ち、両隣、真上の方へご挨拶へ(自室は1階)
上階の方は留守で結局ご挨拶はできませんでしたが、両隣の方とは会えば世間話するような中になれました。
お隣のおばあちゃんはよく、作りすぎたと言っておかずを分けてくださったりします。
以上3つが、私が新生活スタート時に用意しておきたいものです。参考になれば幸いです。

東京で新生活始めるあなたにアドバイスします

4月に地方から上京して新生活を始めたサラリーマンや学生の方は非常に沢山見えると思います。先ず注意すべきことは災害対策と人災対策です。パニックに陥るのが大震災の場合です。いつ起きるか分かりません。地震について非常用持ち出し、食品・飲料水などは東京についたらすぐ備えましょう。 

次に防犯対策です。マンションにいる場合、マンションから最寄駅までの安全など常に頭に入れる必要があります。またネットによる巧妙な犯罪もありますから呼び出されたりしないように注意しましょう。  

最後にお金の使い過ぎ、アルコールなど自己管理をしましょう。親元を離れて気楽になって判断を間違うことになります。送り出してくれた両親の顔を毎日思い浮かべましょう。友達や先輩の殆どはいい人ばかりでしょうが、友達の友達や紹介された人には注意しましょう。   

何も東京を怖がることはありません。1千万人が生活している大都会です。いろいろな人がいます。人生勉強するにはもってこいの都市です。自分をしっかりガードして東京生活を満喫しましょう。

新生活をスタートした東京都武蔵野市での暮らしに必要なこと

一つ目は、ガスや電気、水道は引越当日から必要なものなので、引越の日が決まったら早めにガス、電気、水道開栓の連絡をしておく方が良いと思います。賃貸であれば、紹介してもらった不動産会社に聞いて、物件で使用しているガス会社に連絡をしてください。電気もガスと同様です。水道は武蔵野市役所に連絡をして、開栓の依頼を行ってください。 [#g3a5976e]
二つ目は、部屋の電球のあるなしを確認しておいた方が良いと思います。賃貸の場合、昼間の時間にお部屋を見せてもらうことが多いので、夜になって電気が必要になった時に電球が備えてなかったり、切れていることがわかることもあるかと思います。
三つ目は、家具など徐々に増やしていけば良いという考えの方もいらっしゃるかと思いますが、家具の中でも冷蔵庫は最初から用意しておいた方が無難だと思います。食材の傷みは、思っている以上に早いです。

かつて東京都の江東区で新生活をスタートした時に準備したこと

新生活で準備しておいた方がいいと思うことを3つ挙げるとすれば、まず近くの100円ショップの場所と品ぞろえをチェックしておくことです。後により高価なものに買い替えるとしても、とりあえず新生活で必要な多くのものを1か所で安く揃えることができます。 [#bf70608e]
それから、住むところの役所へ行った際に色々な地元の冊子をもらってくることです。地域にある病院や学校などがのっている冊子は便利なので家に置いておいた方がいいです。同時に地域の災害時の避難場所が書かれている地図もいざというときに重宝します。全部無料で手に入りますし、転入届を出した際などに手に入れることをおすすめします。
そして新生活直後は結構忙しくなるのが予想されるので、保存食をあらかじめ用意しておいた方がいいです。簡単に食べられるカップラーメンや缶詰などはおすすめです。

千葉県松戸市での新生活!引っ越し後の荷物整は箱詰めで楽になる。

引っ越し回数4回の自分の経験ですが。
最初の箱詰めの時に2つに分けます。すぐ使うもの、段ボールに入れたままでもいい物。すぐに使うものには布団シーツやパジャマに洋服、食器などで新生活でその日に使うものです。入れたままでもいい物にはストックのバスタオル、あまり出番のない食器等後からゆっくり整理すればいい物です
それをリビング、台所、寝室に分けて引っ越し時に搬入しておくと楽です。自分は4回引越ししましたが、この方法の引っ越しで荷解きも楽でしたし荷物が行方不明になる事もありませんでした。
引っ越し前にはガス屋さんに連絡をしておくのもお忘れなく。連絡が遅いと引っ越し当日にお風呂に入れない可能性があります。ガス屋さんによっては契約時に現金で保証金を支払わないといけない会社もありますのでお金も用意しておくといいです。
市役所に住民票の届け出をしたら新しい住民票をもらって、警察署での免許証の住所変更も忘れてはいけません。
新生活はいろいろ大変ですが楽しいです。

千葉県での新生活

新生活で準備をしておいた方が良いことについてです。
1.郵便転送
いろいろな案内について郵便物が送られてくることが多々あるとおもいます。ただ、すべての住所変更が住んでいるというかというと実際には見過ごしているものも多々あると思います。やはり引っ越しをした場合には、必ず郵便物の転送を郵便局に届けておくことが必要だと思います。

2.市役所の転入届
当然のことですが引っ越したら住所の変更を行わなければいけませんが、住民票の書き換えは早く行わないといといろいろな照明をするのに困ります。住基台帳や免許証などの身分証明や選挙権などの案内、各種税金関係の手続きなども変わってきてしまうので早めに手続きをすることがお勧めです。

3.インターネット環境
今の時代、インターネットの環境というのはなくてはならない存在だと思います。TVなどでニュースを観ることもあるかと思いますが、インターネットが繋がればインターネットからの情報収集が出来るほか、調べたい情報が直ぐに調べられます。当然、スマホの普及などによりインターネット接続というのはPCが主流というわけではありませんがPCの方が便利にみられるサイトや調べごとや問い合わせ先のアドレスはPCのメアドのみというところもまだあるようなので、インターネット環境は事前に準備をしておく必要があると思いました。

人生で初めての一人暮らし、新生活は埼玉県所沢市でしたが

親元を離れて一人暮らしを始めた時、生活用品をあれこれ荷造りするのはほとんど母親任せにしていました。
しかし、母も実は一人暮らしをしたことがないためどんな物が必要なのかあまりわかっていませんでした。
細かいアイテムは思いつかないものが多いので、生活をスタートして初めて気づきます。
一番の大物は、物干竿でした。
新しい洗濯機から洗い上がった洗濯物を出して、さて干すかと思って初めて気づきました。
ホームセンターの場所も知らない土地だったので、しばらくは荷造りテープをベランダの物干かけに結びつけてしのぎました。
毎日のことなので結構困りました。
それから、狭い部屋だからコロコロとほうきでいいやとケチって買わなかった掃除機、砂糖を畳の上にぶちまけたことで、ああ買えば良かったとすぐに後悔しました。
全部を完璧に揃えるのは大変ですが、生活をイメージしてみると思いつくと思います。

Simple Blue theme created by Pixel Insert | modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional